事業分野
交通・輸送計画分野
交通・輸送計画分野
 鉄道をはじめ交通・輸送計画のためのさまざまなシステムを開発しています。これらの計画を最適に立案することは、利用者に利便性や快適性を提供するばかりでなく、社会的なコストを低減するためにもきわめて重要です。
 ターミナル駅や空港での旅客流動の現状分析から人口動態や経済成長など社会的要因までも視野に入れた需要予測、総合的な交通ネットワーク分析のための情報基盤まで、鉄道総研とも緻密に連携して、わが国の交通インフラを支えています。
空間情報データベース
ICTを活用してターミナル駅や空港での人々の動きをリアルタイムに観察し混雑緩和や乗換容易性の施設設計のためのデータを収集・分析します。また、公共交通網の計画策定などマルチモーダルな交通体系の分析を支援するシステムの開発を行っています。
交通運輸計画支援
輸送や利用者の現況、競合交通網との比較、周辺の人口や経済の動きなど、ミクロからマクロまで多様な情報に基づく需要予測、さらには交通・輸送計画の評価・改善支援まで総合的なソリューションを提供しています。
ページトップへ