事業分野
構造物管理支援システム

 土木構造物の効率的な維持管理をサポートするシステムです。構造物の諸元および検査記録をデータベース化し、全般検査における検査記録や変状データを蓄積・管理。鉄道構造物等維持管理標準に準拠した健全度の判定を支援する機能(目安判定マトリクス)を備えています。

 このシステムは、民鉄公営地下鉄14事業者と、標準の原案を作成している鉄道総研が共同で開発を行ない、現在27事業者が導入しています。

調査記録
検査区間選択
目安判定入力
ページトップへ